活動報告 / ブログBLOG

イベント

2019.07.24

  • Facebook
  • Instagram

株式会社メルカリ様でセッションを行いました!

2019年7月19日、株式会社メルカリ様にお招きいただき、「日本のLGBTコミュニティがぶつかる法の壁 -Legal Challenges for the LGBT+ Community in Japan- 」というテーマで、Marriage for All Japan共同代表の寺原がランチセッションを行いました!

 

北欧風の明るくキレイなオフィスにて、和やかな雰囲気の中始まったセッションでは、まずメルカリ社取締役社長兼COOの小泉文明様より、レインボー国会への登壇等のご報告がありました。

その後、寺原が登壇し、対談形式でセッションが進められました。

 

寺原からは、

●日本のLGBT+ コミュニティが日常的に直面する壁

●現在自治体で広がっているパートナーシップ制度は、パートナーシップ関係を自治体という公の存在が認めたという意味で非常に大きな意義を有するものの、法的保障(法定相続権・配偶者ビザ・親権など)を付与するものではなく、同性婚の法制化が不可欠であること

●台湾の同性婚法案可決が日本にもたらす影響

●実際に結婚をするかしないかにかかわらず、結婚という選択肢自体は全ての人に平等に与えられるべきであること

●異性愛者である自分が同性婚の実現に全力を注いでいる理由

●日本のLGBT+コミュニティのために、個人や会社ができること

などについてお話をさせていただきました。

 

 

ご参加いただいた社員の方々からは、積極的にご質問をいただいた上、「寺原さんの『誰もが自由に選択し幸せになれる社会で自分も生きていたい』というお言葉や同性婚実現への強い信念に力をもらいました」、「異性愛でも同性愛でも、一緒にいたいなら結婚という方法を使わずとも一緒にいればいいのにと思っていましたが、結婚という選択肢が平等にあることがフラットな環境だと考えさせられました」などのご感想もいただきました。

 

今回、メルカリ社では、様々な国籍やセクシュアリティの方々が互いを認めあいながら、自分らしく生き生きと働いていらっしゃる様子を伺い知ることができ、私たちとしても大きな刺激をいただきました。

 

今後も、講演、活動などの情報について、HP、Twitter、Facebookなどでお知らせさせていただきます!

ご注目ください!


BACK