活動報告 / ブログBLOG

イベント

2019.07.31

  • Facebook
  • Instagram

PROUD LIFE様で講演をしてきました!(同性婚検定もあります)

名古屋・東海地域でセクシュアル・マイノリティの支援活動などを行っておられるNPO法人PROUD LIFE様の2019年度総会記念講演会にて,MarriageForAllJapan(マリフォー)の共同代表で弁護士の寺原真希子が講演をいたしました!

 

「結婚の自由をすべての人に」訴訟についての説明では,以下を解説していく形でお話しをさせていただきました。

 

Q1(原告のみなさん・弁護団は訴訟で)どんな主張をしているの?

Q2 同性婚は憲法で禁止されてるんじゃないの?

Q3 事実婚やパートナーシップ制度ではダメなの?

Q4 どうして「国家賠償請求」なの?

Q5 子ども作ることができない同性カップルに結婚を認めるのはおかしいのでは?

Q6 被告(国)はなんと言っている?

Q7 なぜ「結婚の自由をすべての人に」訴訟なの?

 

さて,マリフォーブログ読者の皆さまは何問答えることができましたか!?

 

0~1問‥‥今すぐマリフォーに講演依頼をお願いしましょう

2~5問‥‥裁判を傍聴してさらに知識を深めましょう

6~7問‥‥さらなる高みを目指してまずは周りの人にその知識を広めましょう

 

▼設問のヒントはこちら

http://marriageforall.jp/about/(Q1,Q2,Q3)

http://marriageforall.jp/faq/(Q2,Q3,Q5,Q7)

http://marriageforall.jp/lawsuit/(Q4)

http://marriageforall.jp/blog/20190710/(Q6)

 

さて,話を講演に戻しますと,訴訟についてご説明したあと,寺原からマリフォーのキャンペーンについてもご説明をいたしました。

 

マリフォーのVisionとMissionをふまえ,マリフォーの活動の最終ゴールである「同性カップルの結婚を認めるための民法の改正」までのルートや,そのためにマリフォーが行っている各活動についてご説明しました。

 

具体的には,

 ● 国会議員に同性婚の賛同者を増やす必要があること

 ● 国会議員の同性婚に対する立場としては,「どちらともいえない」という回答が相当数を占めており,世論喚起によって賛同者を増やしていくことは十分可能であること

 ● 世論喚起のため,マリフォーとして,個人や企業に対する賛同依頼,地元議員への働きかけなどを行っていくこと

 ●「しゃべろう同性婚」イベントの全国展開を予定していること

 ● まずはひとりひとりが身近な人と同性婚を話題にすることが大事だと考えていること

などをお話いたしました。

 

会場からは、「同性婚を認めると国にとってどれくらいの経済効果があるのか,といった観点からロビイングをしていくのがいいのではないか」というご意見や,「今ある結婚制度に同性カップルが入っていくことよりも,事実婚やシングルマザーの保護という方向性の方がいいのではないか」といったご意見など,複数のご質問・ご意見を頂きました。

 

寺原からは,「本来は人権の話であり,経済効果があろうがなかろうが,認められるべきことだと思っているものの,経済効果を指摘することで賛同者が増えることは当然考えられるので,マリフォーとしても,例えば既に海外で類似の調査がなされていればそれを流用したいと考えている」,「同性婚の実現と事実婚やシングルマザーの保護は両立する話だと思っている。法律婚をしているか否か,シングルかカップルかにかかわらず,必要な法的・社会的保護がなされなければならない」などとお答えいたしました。

 

今後も、講演、活動などの情報について、HP、Twitter、Facebookなどでお知らせさせていただきます!

ご注目ください!


BACK