活動報告 / ブログBLOG

レポート

2019.08.16

  • Facebook
  • Instagram

Freedom to Marry の弁護士エヴァン・ウォルフソン氏と意見交換会を行いました!

2019年7月30日(火)、アメリカ全州での同性婚法制化を目指して「 Freedom to Marry」という団体を設立し,同性婚法制化を実現させた弁護士のエヴァン・ウォルフソン氏をお招きし、意見交換会を行いました。

 

Marriage for All Japan (以下マリフォー)の理事・メンバー・インターンのほか,「結婚の自由をすべての人に」訴訟弁護団のメンバーなどが集まり、「結婚の自由をすべての人に」訴訟の状況報告、マリフォー組織運営、研究、及び今後の活動予定について、ウォルフソン氏と共有し、アドバイスをいただきました。

 

ウォルフソン氏は、アメリカで同性婚法制化を実現するにあたって、キャンペーン運動など様々なアプローチを取っており、違憲訴訟というのは一番最後に取った手段でしたが、見事連邦最高裁判所で勝訴し、アメリカ全州での同性婚法制化を勝ち取りました。

 

そのご経験から,「各団体と協力し、様々な方面からアプローチすることが重要」「日本弁護士連合会が、『同性婚を認める法案を国は制定すべきである』という意見書を提出したことはとても大きい。ぜひともこの意見書を裁判で活用していくといいと思う」など、とても有益なアドバイスをいただきました。

 

私たちマリフォーと、日本での同性婚実現へ向けて共に活動できるのは喜ばしいことだとおっしゃって下さったウォルフソン氏。マリフォーとしてもアメリカで同性婚実現への活動を率いた方からご協力をいただけることは嬉しい限りです。今後とも、日本での同性婚法制化に向けて連携しながら進んでいきたいと思っております。

 

マリフォーの活動に関する情報などは、Marriage for All Japan 公式HPTwitterFacebookにて逐一お知らせしていくので、ぜひご覧ください。

 

これからもMarriage for All Japan (マリフォー)をご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!

 


BACK