新着情報NEWS

2019.07.07

  • Facebook
  • Instagram

20190806福岡エヴァンさん講演会詳細

エヴァン・ウォルフソン氏 米国全州の同性婚法制化にむけて設立されたFreedom to Marryの創設者・元代表。 1983年にハーバード大学法科大学院でゲイの権利・同性婚の自由について論文を執筆。 1990年代にはハワイの同性婚訴訟で原告代理人の一人となり、アメリカ国内の同性婚運動へのさきがけとなる。 LGBTの権利、HIV/AIDSに関連するさまざまな訴訟にかかわるほか、コロンビア大学、ラトガーズ大学の非常勤の教授として教鞭をとった経験もある。 米国の学術誌National Law Journalでは2000年に「米国でもっとも影響力のある弁護士100人」に、またTimeでは、「世界でもっとも影響力のある人物100人」に選ばれる。 2012年には、コロンビア大学バーナードカレッジより、オバマ大統領とともにバーナードメダル(BarnardMedal of Distinction)を受賞。 1978年 エール大学(歴史学専攻)卒業 1983年 ハーバード大学ロースクール卒業 主な著作に、Why Marriage Matters: America, Equality, and Gay People’s Right to Marry, ( Simon & Schuster, July 2004 


BACK