同性婚の動き MOVEMENT

WORLD
世界の同性婚の動き

世界における同性婚の歴史

  • ヨーロッパ
  • アジア
  • オセアニア
  • アメリカ
  • アフリカ
  • 2001.4 オランダ
  • 2003.6 ベルギー
  • 2005.7 スペイン
  • 2005.7 カナダ
  • 2006.11 南アフリカ
  • 2009.1 ノルウェー
  • 2009.5 スウェーデン
  • 2010.6 ポルトガル
  • 2010.6 アイスランド
  • 2010.7 アルゼンチン
  • 2012.6 デンマーク
  • 2013.5 ブラジル
  • 2013.5 フランス
  • 2013.8 ウルグアイ
  • 2013.8 ニュージーランド
  • 2014.3 イギリス ※北アイルランドを除く
  • 2014.12 スコットランド
  • 2015.1 ルクセンブルグ
  • 2015.6 メキシコ 一部の州において同性婚が実行され、それらの州で成立した同性婚が全ての州で認められています
  • 2015.6 アメリカ
  • 2015.11 アイルランド
  • 2016.4 コロンビア
  • 2017.3 フィンランド
  • 2017.9 マルタ
  • 2017.10 ドイツ
  • 2017.12 オーストラリア
  • 2019.1 オーストリア
  • 2019.5 台湾

参照:特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ(2018年8月作成)

同性婚 世界の状況

1989年デンマークで世界で初めて、同性カップルに異性カップルが結婚している場合に認められるものとほとんど同じ権利が認められる「登録パートナーシップ法」が作られました。結婚はできないものの、同性どうしの関係が法的に保障されるようになりました。

それから約10年後の2001年、ついにオランダで同性どうしの結婚が実現しました。

現在では、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアなど、2019年9月現在、28の国・地域で同性婚が可能になっています(表にはエクアドルが入っていませんが、エクアドルでも可能となっています)。

アジアでは、2019年5月から台湾は同性婚ができるようなりました。
台湾では、2017年5月、憲法裁判所のようなところで、同性カップルも結婚できるように2年以内に法律を改正するか、新しい法律をつくらなければならないという判断がなされました。
これを受けて、2019年5月、ついにアジアで初めて同性婚ができるようになったのです。


日本はどうなる?

日本では、2015年、東京の渋谷区と世田谷区で、同性カップルを自治体が証明したり、宣誓を受け付けたりなどできるようになりました。

2019年10月11日の時点で、日本では27の自治体でパートナーシップ制度が施行されています。

 

パートナーシップ制度は、国が法律で認める「結婚」とは全く違うものなので、相続などの問題は解決しません。

 

しかし、少しずつ日本も変わってきてはいます。

日本でも、私たちが求めていけば同性婚を実現できます。


PARTNERSHIP
日本の同性パートナーシップ制度

日本では、2015年、東京の渋谷区と世田谷区で、同性カップルを区が証明したり、宣誓を受け付けたりなどできるようになりました。

自治体のパートナーシップ制度と結婚は、全く別のものです。法律上の性別が同性どうしのカップルは、結婚ができないことで、たくさんのことで困ることがあります。

しかし、行政が同性カップルの存在を正面から認めることは、同性カップルがすでにともに生きていることに気付くきっかけにもなりますし、意義はとても大きいです。

2019年10月11日の時点で、日本では次の27の自治体でパートナーシップ制度が施行されています。

これから導入すると決まっているところもあります(導入予定の自治体については、同性パートナーシップ・ネットのページをご参照ください)。

  • 東京都渋谷区(2015年11月)
  • 東京都世田谷区(2015年11月)
  • 三重県伊賀市(2016年4月)
  • 兵庫県宝塚市(2016年6月)
  • 沖縄県那覇市(2016年7月)
  • 北海道札幌市(2017年6月)
  • 福岡県福岡市(2018年4月)
  • 大阪府大阪市(2018年7月)
  • 東京都中野区(2018年8月)
  • 群馬県大泉町(2019年1月)
  • 千葉県千葉市(2019年1月)
  • 東京都江戸川区(2019年4月)
  • 東京都豊島区(2019年4月)
  • 東京都府中市(2019年4月)
  • 神奈川県横須賀市(2019年4月)
  • 神奈川県小田原市(2019年4月)
  • 大阪府堺市(2019年4月)
  • 大阪府枚方市(2019年4月)
  • 岡山県総社市(2019年4月)
  • 熊本県熊本市(2019年4月)
  • 栃木県鹿沼市(2019年6月)
  • 宮崎県宮崎市(2019年7月)
  • 茨城県(2019年7月)
  • 福岡県北九州市(2019年7月)
  • 愛知県西尾市(2019年9月)
  • 長崎県長崎市(2019年9月)
  • 兵庫県三田市(2019年10月)

大阪市、札幌市、福岡市のような人口100万人以上の大都市であったり、さらに、市町村ではなく、茨城県のように県で導入しているところもあります一方、大泉町のように市ではなく町、また、市でも総社市などのように人口が10万人を超えない小規模な自治体もあります。
パートナーシップ制度を作り、同性カップルの存在を正面から認めることは、自治体の規模に関係なくできることです。


北海道
北海道札幌市 77組
関東地方
東京都渋谷区 38組
東京世田谷区 102組
東京都中野区 35組
群馬県大泉町 0組
千葉県千葉市 46組
東京都府中市 3組
東京世豊島区 18組
東京都江戸川区 7組
神奈川県小田原市 3組
神奈川県横須賀市 7組
栃木県鹿沼市 0組
茨城県 19組
中部地方
愛知県西尾市 0組
近畿地方
三重県伊賀市 5組
兵庫県宝塚市 8組
大阪府大阪市 143組
大阪府堺市 9組
大阪府枚方市 7組
中国地方
岡山県総社市 1組
九州地方
福岡県福岡市 45組
熊本県熊本市 1組
宮崎県宮崎市 6組
福岡県北九州市 6組
長崎県長崎市 4組
沖縄県
沖縄県那覇市 27組
 

協力:特定非営利活動法人虹色ダイバーシティ


TOP