活動報告 / ブログBLOG

訴訟情報

2020.02.05

  • Facebook
  • Instagram

名古屋訴訟第4回期日報告!!

2020年2月4日、「結婚の自由をすべての人に」名古屋訴訟第4回期日と、その期日報告会が開かれました!

 

●「婚姻の自由をすべての人に」名古屋訴訟第4回期日報告

名古屋地方裁判所の建物

日 時:2020年2月4日10時00分から10時30分

場 所:名古屋地方裁判所 第1102号法廷

裁判官:桃崎剛裁判長 植村一仁裁判官 藤本理裁判官

内 容:

1.被告第2準備書面の提出

2.被告証拠説明書の提出、提出証拠(乙1~20)の取調べ

3.裁判長から原告側に対する指示

裁判長から原告側に対して、今回の被告第2準備書面に対する反論を、特に意見が明白になった時期について、社会的事情の変化等ふまえて整理されたい、との指示がありました。

また、専門家意見書の提出時期の目処についても質問され、現在調整中であり、次回期日には提出時期について明示できると回答しました。

なお、原告側から被告代理人に対して、被告第2準備書面の内容について、「歴史や法制度を異にする諸外国の例で結論を導けないというのは、一般論としても憲法解釈に比較法学的視点を取り入れることはないという主張か」と確認したところ、被告代理人からは「書面で書いたとおり、同性婚についての理由にはならないというものである」との回答がありました。これを踏まえ、次回の期日においては、被告が準備書面を提出することとなりました。

*傍聴席は満席でした。

4.次回の裁判の日程調整

次回期日

2020年5月8日午前10時(第5回口頭弁論) 名古屋地方裁判所 第1102号法廷

2020年4月30日までに、今回の期日における被告第2準備書面を前提として、原告が準備書面を提出することとなりました。

 

●期日報告会

期日後の報告会は、裁判所近くの桜花会館の会議室で開催され、裁判を傍聴していただいた方を中心に二十数名ほどの方が参加されました。

 

まず弁護団から、裁判の概要、これまでの経過、本日の期日におけるやり取りなどを説明し、次に参加者から質疑応答がなされました。

全国で裁判が展開されているが、判決の内容は横並び的なものになるのかなどといった質問がなされました。

 

弁護団からの期日報告後、同性カップル2組のスピーチがあり、法律婚ができなくて悩んだり困ったりしていることや、この裁判への期待などが語られました。

 

次回以降も、毎回期日報告会は開催いたしますので、今回参加できなかった方も、ぜひご参加ください。

 

 


BACK